TOPページへ

Excel(エクセル)VBAの便利技

Excel VBAExcel のテクニカル情報サイトです。
Excelは、VBAを使うとありとあらゆる処理ができ、とても便利です!
そんな、エクセルの知識や実用的なVBAマクロなどをたくさん紹介していきます!


このページは、Excel(エクセル)VBAの便利技のカテゴリページです。





RSS情報アンテナ表示

【サイト管理人よりひと言】
Excel VBA の素晴らしさに惹かれてこのサイトを作りました。 ExcelでVBAプログラミングが組めるようになると、どんな面倒な処理でも VBAで処理をさせることができるようになります。 私の場合、事務系の仕事の面倒な処理は全てExcelにやらせています。 Excel VBAに出会ってからは驚くほど仕事の効率が上がりました。 今まで数時間かかっていた事務処理の仕事が、わずか数秒で終わったりしています。 本当にエクセルは素晴らしい表計算アプリケーションソフトです。

カテゴリ:Excel(エクセル)VBAの便利技

Excel(エクセル)VBAエディタ(VBE)の便利なショートカットキー 一覧表

Excel VBA(エクセルVBA)で、VBAプログラムを記述するときは、
Excelが用意しているVBE(Visual Basic Editer)を使いますよね。
個人的には、VBEは開発環境としてはそこそこ使い易いと感じていますが、
(まぁ、欲を言えば、使い慣れたテキストエディタを指定できると最高なんですが…)
VBEのエディタには、便利で使えるショートカットキーがたくさん用意されています。
この中でもとくに、「これは便利!」、「これは使える!」、「これはイイ!」と言った
本当に便利で役立つショートカットキー操作のみを私が厳選して紹介します!
VBEの便利で使えるショートカットキー操作を覚えると、VBAプログラムを
組むとき(VBAを記述するとき)の作業効率がグッと上がりますので、
エクセルVBAを良く使うユーザーは、絶対に覚えておいて損はない知識です。




【厳選! 本当に便利で使えるVBEのショートカットキー一覧】



・「Alt + F11」キー

VBE(Visual Basic Editer)を立ち上げるショートカットキーです。
VBAを良く使うのならば、基本中の基本ですよね。


・「Ctrl + G」キー

イミディエイトウインドウを表示させるショートカットキーです。
VBAで開発をするときは、イミディエイトウインドウは良く使いますよね。
イミディエイトウインドウは、イミディエイトウインドウ内にVBAプログラムの
動作ログを表示させたり、簡単な命令を実行させるコマンドラインとして使えます。


・「Ctrl + ↑」キー

前のプロシージャに移動するショートカットキーです。
押す度にどんどんプロシージャを移動するので便利です。


・「Ctrl + ↓」キー

次のプロシージャに移動するショートカットキーです。
押す度にどんどんプロシージャを移動するので便利です。


・「Ctrl + PageUp」キー

カレントプロシージャの先頭に移動するショートカットキーです。


・「Ctrl + PageDown」キー

カレントプロシージャの最後に移動するショートカットキーです。


・「Ctrl + Home」キー

モジュールの先頭に移動するショートカットキーです。


・「Ctrl + End」キー

モジュールの最後に移動するショートカットキーです。


・「Shift + F2」キー

変数の上で押すと、その変数を定義している場所に移動するショートカットキーです。
「この変数はどう定義していたかなぁ?」と思ったときに使うと凄く便利です。
なお、同じ様にプロシージャ名で他のプロシージャを呼び出している
記述の上で押すと、そのプロシージャの場所に移動します。


・「Shift + Ctrl + F2」キー

直前の位置に戻るショートカットキーです。上記の「Shift + F2」キーで
変数を定義している場所に移動し、その変数を確認したら、
このショートカットキーを押すと、確認前の位置に戻るので凄く便利です。
「Shift + F2」キーと「Shift + Ctrl + F2」キーの
ショートカットキーは、セットで覚えておくと凄く便利ですよ~!


・「Ctrl + Space」キー

入力候補を表示します。命令を記述する前に押すと、
入力候補を表示されるので命令を記述する際に凄く助かるし、便利です。
命令のスペルをうろ覚えでも、このショートカットキーを押すことで、
入力候補が表示されるため、命令のスペルを完全に覚えてなくても
サクサクと記述していけます。うーん、便利すぎる!


・「Ctrl + F」キー

検索ウインドウを表示させるショートカットキーです。
大きなVBAプログラムを組んでいると、検索は良く使いますよね。


・「Ctrl + H」キー

置換ウインドウを表示させるショートカットキーです。
大きなVBAプログラムを組んでいると、置換は良く使いますよね。


・「F5」キー

VBAプログラム(プロシージャ)を実行させるショートカットキーです。


・「F8」キー

ステートメントの動作をステップイン実行(1行ずつ実行)させる
ショートカットキーです。VBAプログラムの動作チェックやデバッグの
際に役立ちます。


・「F9」キー

ブレークポイントの設定/解除をするショートカットキーです。
ブレークポイントとは、プロシージャの実行を中断するポイントのことです。


…以上が私が厳選した本当に便利で使えるショートカットキー一覧でした。
ショートカットキーはたくさん用意されていますが、個人的には、
上記で紹介しているエクセルVBEのショートカットキー操作は外せないですね。
特に、「Shift + F2」キーと、「Ctrl + Space」キーの
ショートカットキーは、エクセルVBAをある程度マスターした後に知ったので、
「あぁ、VBEには、こんな便利なショートカットキーがあったんだ。」と、
とても感動した記憶があります。




 

カテゴリ:Excel(エクセル)VBAの便利技 



サイト内検索



Excel NAVI(エクセル ナビ)のトップページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) Excel NAVI(エクセル ナビ) All Rights Reserved.