TOPページへ

開かない、開けないExcel(エクセル)のファイルを開く方法

Excel VBAExcel のテクニカル情報サイトです。
Excelは、VBAを使うとありとあらゆる処理ができ、とても便利です!
そんな、エクセルの知識や実用的なVBAマクロなどをたくさん紹介していきます!


このページでは、開かない、開けないExcel(エクセル)のファイルを開く方法についてまとめています。





RSS情報アンテナ表示

【サイト管理人よりひと言】
Excel VBA の素晴らしさに惹かれてこのサイトを作りました。 ExcelでVBAプログラミングが組めるようになると、どんな面倒な処理でも VBAで処理をさせることができるようになります。 私の場合、事務系の仕事の面倒な処理は全てExcelにやらせています。 Excel VBAに出会ってからは驚くほど仕事の効率が上がりました。 今まで数時間かかっていた事務処理の仕事が、わずか数秒で終わったりしています。 本当にエクセルは素晴らしい表計算アプリケーションソフトです。

開かない、開けないExcel(エクセル)のファイルを開く方法

Excel(エクセル)でファイルを開こうと思って、Excel(エクセル)の
ファイルをダブルクリックしても、エクセルのウインドウ自体は
開くんだけど、肝心の中身のファイルが表示されない(ファイルが開かない)
場合があります。 Excelはちゃんと起動する!だけど、ファイルの
中身が表示されていない!
・・・のような状態です。自分は仕事先の
クライアントにエクセルのファイルをメールで送信したのですが、
相手先から、「エクセルファイルをダブルクリックしても開けない。」
と言われたことがあります。今回は、この様に、ダブルクリックしても
開かない開けないエクセルファイルを開く方法を説明したいと思います。



まず、エクセルのファイルが開けない原因は大まかに分けると
2つあるので、それらを順番に確認してみて下さい。

【エクセルのファイルが開けない原因その1】

・ファイルを保存したエクセルとファイルを見るエクセルのバージョンが違う

Excel2007(エクセル2007)やExcel2010(エクセル2010)で
保存したファイルをExcel2003、Excel2002、Excel2000などの
エクセルのバージョンが違うエクセルでファイルを開こうとすると
開けません。これは、Excel2007やExcel2010でファイルを保存すると、
Excel2007形式(または、Excel2010形式)でファイルが保存されるからです。
ファイルの拡張子は、デフォルトの初期設定で「.xlsx」で保存されます。

Excel2003、Excel2002、Excel2000などのエクセルでは、拡張子が「.xlsx」
になっているExcel2007形式(または、Excel2010形式)のファイルには
対応しておらず、ファイルを開くことはできないので、Excel2007や
Excel2010でそのファイルを作った人(保存した人)に、改めて、
「Excel 97-2003 ブック(*.xls)」形式で保存してもらって、
(拡張子が「.xls」になっているファイルにしてもらう。)
そのファイルを受け取って下さい。ファイルがちゃんと、
「Excel 97-2003 ブック(*.xls)」形式になっていれば、
バージョンの高いエクセルで作られた(保存された)ファイルでも、
バージョンの低いエクセルでちゃんと開けるようになります。


【エクセルのファイルが開けない原因その2】

・エクセルのファイルを開く設定がおかしい

ファイル形式は大丈夫なのに、ファイルの中身が表示されない場合は、
エクセルの設定がおかしい場合が考えられます。
これは、エクセルの設定で、「ほかのアプリケーションを無視する」の
設定部分がONになっている場合が考えられます。そんな設定にした
覚えがなくても、何かのプログラムのエラーやシステムのエラーで
勝手にその設定がONになってしまう場合があります。
ですので、「ほかのアプリケーションを無視する」の設定を
OFFに戻せば、ちゃんとファイルが開くようになります。

まず、Excel2003、Excel2002、Excel2000での、
「ほかのアプリケーションを無視する」の設定をOFFにする手順です。
エクセルを立ち上げ、メニューバーの「ファイル」→「新規作成」を
選択し、そのまま、メニューバーの「ツール」→「オプション」を
選択してください。すると「オプション」設定ウインドウが開きますので、
「全般」タブをクリックし、「ほかのアプリケーションを無視する」の
項目のところにチェックマークが入っていない状態にしてください。
もし、チェックマークが入っていたら、クリックすれば、
そのチェックマークは外れます。チェックマークを外したら、
設定ウインドウを閉じ、エクセルも一旦、閉じます。
これで、「ほかのアプリケーションを無視する」の設定はOFFに
なったので、開けなかったエクセルのファイルをダブルクリックして
開けるかどうか確認してみてください。たぶん開けるようになったと思います。

それでは、Excel2007やExcel2010で、「ほかのアプリケーションを無視する」
の設定をOFFにする手順を説明します。まず、エクセルを立ち上げ、
エクセルの左上にある丸い「Officeボタン」をクリックします。
(パソコンにエクセルのみしかインストールされていない場合は、
「Officeボタン」が表示されていないかも知れません。その場合は、
エクセルの「ファイル」タブをクリックしてください。)
そして、「Excelのオプション」と表示されているところをクリックしてください。
(パソコンにエクセルのみしかインストールされていない場合は、
「オプション」と表示されています。) オプションの項目を選択すると、
オプション設定ウインドウが開きますので、その中の左側にある
「詳細設定」をクリックしてください。すると右側の表示内容が変わりますので、
その中の下の方に「全般」という項目があり、そのところに、
「Dynamic Data Exchange(DDE)を使用する他のアプリケーションを無視する」
という項目がありますので、その項目のチェックマークを外してください。
チェックマークを外したら、ウインドウの下の方にある「OK」ボタンを押し、
そのウインドウを閉じ、一旦、エクセルも終了させてください。
以上の手順で、「ほかのアプリケーションを無視する」の設定はOFFに
なったので、開けなかったエクセルのファイルをダブルクリックして
開けるかどうか確認してみてください。たぶん開けるようになったと思います。

エクセルのファイルが開かない、開けない原因は、
「エクセルのファイルが開けない原因その1」か、
「エクセルのファイルが開けない原因その2」の場合がほとんどです。
あと、ファイルを開くときに、パスワードを求められて開かない、開けない、
…ってのもありますが、そのエクセルファイルにパスワードをかけた人に
解除するパスワードを聞いてください。(汗)
Excel2003あたりまでは、エクセルに詳しいと、パスワードを解析して、
パスワードを解除することは可能だったのですが、Excel2007以降は、
パスワードのセキュリティ部分がかなり強固になっているので、
エクセルに詳しい人でも、たぶんパスワードを解析して解除はできません。(笑)




 

カテゴリ:Excel(エクセル)の知識 



サイト内検索



Excel NAVI(エクセル ナビ)のトップページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) Excel NAVI(エクセル ナビ) All Rights Reserved.