TOPページへ

Excel2010は、32bit版と64bit版のどちらをインストールした方がいいのか?

Excel VBAExcel のテクニカル情報サイトです。
Excelは、VBAを使うとありとあらゆる処理ができ、とても便利です!
そんな、エクセルの知識や実用的なVBAマクロなどをたくさん紹介していきます!


このページでは、Excel2010は、32bit版と64bit版のどちらをインストールした方がいいのか?についてまとめています。





RSS情報アンテナ表示

【サイト管理人よりひと言】
Excel VBA の素晴らしさに惹かれてこのサイトを作りました。 ExcelでVBAプログラミングが組めるようになると、どんな面倒な処理でも VBAで処理をさせることができるようになります。 私の場合、事務系の仕事の面倒な処理は全てExcelにやらせています。 Excel VBAに出会ってからは驚くほど仕事の効率が上がりました。 今まで数時間かかっていた事務処理の仕事が、わずか数秒で終わったりしています。 本当にエクセルは素晴らしい表計算アプリケーションソフトです。

Excel2010は、32bit版と64bit版のどちらをインストールした方がいいのか?

MicrosoftのOffice「Excel 2010」のパッケージには、
32bit版(32ビット版)と64bit版(64ビット版)の両方が入っていて、
インストール時に選択することができます。(選択と言っても、
製品DVDから自動で起動するインストーラーは、
32ビット版になっていますので、64ビット版をインストールする
場合は、64ビット版のsetupプログラムを手動で立ち上げて下さい。)
ただ、Windows7のOSが64ビットのマシンを使用している人は、
「64ビットの方が処理が速いだろうし、迷わず64bit版の方を
インストールしたい!」と思ってしまいがちですが、ここに落とし穴があります。
64ビット版のエクセルの方が処理速度が速いイメージがありますが、
32bit版と64bit版も同じ位の処理速度で、処理速度が大きく変わってくるのは、
2G以上のファイルを扱う場合だけだそうです。



つまり、どちらをインストールしても、パフォーマンス的には、
それほど違いはないとのこと。しかも、64ビット版の場合は、
Excelのアドインプログラムなども、64ビット版のエクセルに
対応している必要があるため、64ビット版を入れると、
これまで普及しているアドインなどが動かなくなる場合があります。
一応、マイクロソフトの方も、Windows7が64ビット版の方を
使用していても、Excel2010は、32ビット版をインストールして
使用する方をお勧めしますとの発言をしています。
私も64ビットのWindows7を使用していますが、
インストールしているExcel2010は32ビット版です。
まぁ、過去に作ったVBAのエクセルファイルを
問題なく実行したいとの理由もありましたし。
最後に結論を述べると、WindowsのOSが64ビットでも、
32ビット版の方のインストールがお勧めです。
仮に32ビット版が気に入らなければ、アンインストールして、
64ビット版のインストールをすればいいだけですからね!




 

カテゴリ:Excel(エクセル)の知識 



サイト内検索



Excel NAVI(エクセル ナビ)のトップページへ移動



当サイトのプライバシーポリシーと免責事項について
当サイトの文章、記事、内容、画像、写真などの無断利用、無断転載を禁じます。
Copyright (C) Excel NAVI(エクセル ナビ) All Rights Reserved.